Kai Goto

TDW ART FAIR @ Tokyo Designers Week 2013

TDW ART FAIR @ Tokyo Designers Week 2013

10月30日(水)をもって前期の展示が終了いたしました。

連日のご来場、誠にありがとう御座いました。あっという間の5日間でした。

Facebookや twitter、instagramを見て遊びに来てくださった方が想像以上に多くて、しかも予告なしに来られる方もいらしたので吃驚しました 笑

また、去年と違ってメインテント内ではなくTDW ART FAIRのテントが独立したせいか、常に人が流れくるような状況ではなかったものの、すこし離れて観察していると多くの人が私のブースの前で立ち止まって観てくださっていて、嬉しかったです。500枚発注した名刺も、一旦外出して戻ってくると結構減っていたりして何度か継ぎ足したので最低でも200枚は持って帰ってもらえたのでは。

そして、やはり作品が売れたのは嬉しかったですね。

先日の投稿でも書きましたが、外国人のお客様が光る基盤の新作をひとつ買っていかれました。会場で売れた作品はその1点のみですが、シャーレを使った fragment collection という作品と卵殻に鉛筆画を施した fragment egg という新作のどちらを購入するか迷われていて、会期中3度も(!)足を運んでくださったお客様もいらっしゃいました。その方は最終的にその2点からではなく、壁にかけていたiPadのポートフォリオから、アクリル板にアクリル絵具で描いた skull cell という作品を気に入っていただき、新たに色違いを3種類つくってほしいとのことで注文を承りました。

おなじみのskull fragment Tシャツは今回の展示ではあまり物販感を出したくなかったので持っていくか迷いましたが、目立たないところにさり気なく置いていただけにも関わらず3枚の売り上げと1枚の予約が入りました。これは持参して正解でした。

審査員が購入をお勧めする作品にシールを貼るシステムがあるのですが、最終的に4枚のシールを頂きました。まずまずといったところでしょう。

そうそう、今回はじめてお会いした西麻布のNANATASU GALLERYさんからスカウト?なのかな?興味をもってくださっているようで、まずは一度ギャラリ—を観に来てくださいとお誘い頂きました。

反省点としては、疲労などが重なってか当初の目標通り毎日朝イチで会場入りできなかったこと。準備が万全ではなかったこと。これはお客さんの動きを観察したり、自分で入ってみて気づいたことなのですが、コの字型のブースの両サイドに壁棚を設置してしまった為、なんとなく入りづらい空間になってしまったこと等。それから来客が重なってしまったりで来て頂いた知り合いの方全員とはゆっくりお話できなかったのは申し訳なかったです。この場を借りてお詫び申し上げます。

TDW ART FAIR 企画・運営のGALLERY TAGBOATさんは分からないこと等があれば丁寧に対応してくださいましたし、なによりこういった場所で展示をする機会は作家個人だけの力では得られないことなので、感謝しています。本来ならば、私は後期日程第一希望で比較的はやい時期に申し込んだので希望が通るだろうと思っていたところ、後期応募多数のため選考から外れてしまったのは悔しかったけれども、結果的に前期出展でなければ出会えなかったお客様や出展作家の方々と繫がれた(友達になったり、作品も購入しました!)わけだし、そこは満足しています。

ただ、審査員のうち何人かが前期もしくは後期のみの審査しかしないというのはどうしても納得ができません。同じ出展料を払っていて、尚且つ希望が通らずしかたなく前期に出展している作家も多いのですから、両方の日程で隈無くジャッジするべきです。それが公平な審査というものではないでしょうか。最初からどちらかの日程しか都合が付かないのであれば審査員から外すべきですし、依頼された側も辞退してほしかったです。小山登美夫さんが来られないということを、なんと前期最終日終了間近になって聞かされましたが、大変がっかりしたというか、呆れたというか。(あまり悪くは言いたくありませんが…)

あと、細かいことですが、梱包材等の荷物を置いておくバックヤードを使うのに別途500円の料金がかかることにも納得ができず、結局借りずに梱包材は搬入後一旦持ち帰り、毎日の手荷物は自分のブースの端に置きました。本当は展示スペースに荷物なんて置きたくありません。作品以外の視界に入るモノは全て排除したい。決して500円が惜しいわけではありません。むしろ普段はお金遣いが粗いくらいです。ただ、そういう必要不可欠な場所の経費は最初から出展料に含むべきだと思うし、スペースが限られているのなら作家同士譲りあって使えばいいのではと(実際、バックヤードを見に行ってみたら結構空きがありました)。

まぁ…愚痴はこのくらいにするとして。

たのしかったです。TDW ART FAIR。もう、最初で最後だ!なんて思っていたけど、野外で展示している建築科の学生さんと話していたら「2年、3年と続けてやっと分かってくる」と言っていたし、粘り強く来年もチャレンジしてみようかなと、今は考えています。

TOKYO DESIGNERS WEEKは11月4日(月・祝)まで開催中なので、ご興味があればぜひ遊びにいってみてください。後期も友人知人が出展していますし、自分の展示中は全ての会場を廻れなかったので、表彰式の観覧も含め、また足を運ぶつもりです。

とりあえず、翌日は一日寝てました 笑。そして久々に湯船につかってみたらリフレッシュできて気持ちよかったです。ここのところ、睡眠時間が3〜6時間くらいでしたからね、寝不足のデメリットが科学的に証明され尽くしている今日、寝てない自慢とか逆にカッコわるいのは自覚しているとはいえ、言いたくはなります。

来年は個展はお休みしてふたり展・アートフェア数本のみに絞って、鬱にならない程度に(苦笑)自分と向かい合いつつ、じっくり制作していくつもりです。

長文、最後まで読んでくれた方、ありがとう御座います。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

TDW ART FAIR @ Tokyo Designers Week 2013 is over. thank you for coming! it was fun.

kai-2